テーマ:一緒に、遊撃隊を作らないか。

一緒に、遊撃隊を作らないか(後書き)

思ったより書く事が多かった・・・。 フォックスとスリッピーの出会いを書いただけなのにまさかここまで話が膨らむとは・・・。 それだけスタフォの世界は魅力あって、なぞめいた設定が多いということだよ。 書いて気づいたけど、スタフォの世界は私たち現代社会に共通する部分が結構ある気が・・・。 始めの方が結構凝っている(凝りすぎている)し、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一緒に、遊撃隊を作らないか。(11)

それから後が大変だった。退学届けを出してしまったら即寮を立ち去らないといけなかったし、何よりも周りの人の了解もえらないといけない。 スリッピーはフォックスと共に父、ベルツィーノの元を訪ねアカデミーを中退しスターフォックスを結成することを話した。ベルツィーノは始め、しかしまあ・・・とやや困惑気味だったが、何回も訪ね説得にかかっているうち…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一緒に、遊撃隊を作らないか(10)

フォックスが通う宇宙アカデミーに本格的な夏が近づいていた。雨が降る日が多く、ジメジメしていてときどき気持ち悪く感じてしまうが、例外なものもいるため良いのか悪いのか分からない。フォックスがペッピーの見舞いに行った日は珍しく晴れていたため、ほっとした気持ちでペッピーのいる病室に向かった。 ペッピーは順調な回復をしているもののまだ完全ではな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一緒に、遊撃隊を作らないか。(9)

あれから1ヶ月後・・・。 フォックスは久しぶりに宇宙アカデミーに来た。1ヶ月前とはうって変わって重々しい雰囲気が漂っていた。フォックスが廊下を歩いていると周りから何かささやきが聞こえた。“おい、フォックスだぞ。アイツの父親、哀れだったな”とか“元コーネリア軍のエースパイロットの息子だったのか~どうりですごい腕前だったな”とか・・・しか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一緒に、遊撃隊を作らないか。(8)

ここは、どこだろう。真っ暗だ。上も下も右も左も前も後ろも・・・なにも見えない。 ワシは・・・生きているのか!?・・・あの時ワシは何をしていたんだ? ・・・覚えていない。なのに死んだとも思っていない。ワシは今どうなっているんだ― ・・・・死というのはこんなに恐ろしかったのか!? 軍に入ったころから死の覚悟をしているはずなのに・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一緒に、遊撃隊を作らないか。(7)

その数日後の講義、フォックスはスリッピーからもらったイヤホンピアスのラジオを聴いていた。机の上にはノートと鉛筆を出しているけど講師の言葉には耳を傾けない。まあ、ちょっとしたさぼりだろう。音楽番組ミージックコーネリアを聴いているところだった。特に好きというわけではないため暇つぶしに聞いていたら・・・ “番組の途中ですが、臨時ニュースをお…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一緒に、遊撃隊を作らないか。(6)

禁断の惑星、べノム。5年前、あまりにも危険な研究を続けたアンドルフがコーネリアから永久追放された星である。この惑星で今、壮絶な戦いが繰り広げられていた。ジェームズ・マクラウドを率いるスターフォックスとアンドルフに雇われているスターウルフの対決だ。 状況はスターフォックスの方が優勢だ。そして、決着をつけようとしたとき―。 突如、ジェー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一緒に、遊撃隊を作らないか。(5)

冬の寒さはとっくに過ぎ、春の暖かさからさわやかな風が吹き始めた。アカデミーの至る所に桜の木が植えているけど、その桜は散り始め、風によって桜吹雪が舞っているときがあった。フォックスたちがアカデミーの3年生に進学をして数日後・・・。 「おっ!!フォックスじゃないか!!」 フォックスとすれ違うとき声をかけた人がいた。フォックスにとって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一緒に、遊撃隊を作らないか。(4)

フォックスが突然声をかけたため、スリッピーはひぇぇぇぇ~!?と驚き、フォックスの方を向いた。スリッピーの正面に置いているライトは細長くかなりコンパクトなんだけど、作業ができる範囲の明るさと範囲を持っていた。そのライトが振り向いたスリッピーを照らしていてためフォックスは一瞬、カエルの幽霊が出てきた!!と思った。スリッピーが振り向いたのかテ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一緒に、遊撃隊を作らないか。(3)

その数日後、アカデミーの航空演習場にいたフォックスは少し嬉しそうだった。 今日はパイロットの実技演習だからだ。この演習はあらかじめ映像シミュレーションで操作を学んで、それを元に実際に戦闘機に乗って実力を伸ばすことができるため、コーネリア軍を目指すものにとってはほぼ必修の演習あった。 多くの学生がこの演習を取っているため、1週間のなか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一緒に、遊撃隊を作らないか。(2)

お昼の鐘がなったころ、ビル・グレイはいつもの場所―、宇宙アカデミーの食堂の玄関で待っていた。暖かさが近づいているけど、まだまだ寒いためジャケットを羽織っている。 腕時計をときたま見ているのだけど、なかなか親友が来ないことにいらだっていた。 早くしないと一番人気のランチ、日替わり限定食ランチ(今日はビルの好物である極上たれのとんかつ定…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一緒に、遊撃隊を作らないか。

スタフォは裏設定が多いよね。でもそこまで詳しくはないからあとは自分の妄想という感じ(笑) フォックスとスリッピーはアカデミーからの親友だという設定だけど、どういう風に出会ったかどうかまでは分からないよね。というわけで、妄想・・・してみようかな。 無数の星が広がる広大な宇宙―。その宇宙の中に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more