本を読む意味。

本が読みたいけど・・・。時間をうまく使えていないのでなかなか読む暇がないorz。
自己啓発書や実用書を読むことが多いけど小説もいいなと最近思った。
というのも、小説は気分転換するのにはいちばん適しているのではないかな。自己啓発書や実用書はどうしても論文になりがちなので頭の中が硬くなる(だと私は思う)。それに比べて小説は読むと頭の中で想像をめぐらせることができるテンポがあるからそれが気分転換となる。
本を買うのには惜しまないと決めたから問題は時間。
・・・ああ、時間をうまく使えるよう工夫をするか。
いっぺんにできないしね・・・。
(最近は、漫画も読まなくなってしまったからぼちぼちと読みたいな~。)

話変わって今書いているスタフォ小説「一緒に、遊撃隊を作らないか。」、だいぶ懲りすぎているよね・・・・・・。なんというか硬い感じがする(^_^;)なので書き終えたら手直しをしようと思う(そのため、大分改変するかもしれない)。


なんか、今の自分はどんどんと知識を入れたいのよ。そのために本を読むことには惜しまない、そんな気がした日であった。



"本を読む意味。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント