ポケモン超不思議のダンジョンの感想~その2~BGM編

その1に続いてその2。(単純に長くなりそうだったので)
今作のBGMも本当に良かった。ただ、探検隊やマグナゲートに比べたらちょっと控えめなBGMだったなと思っている。BGMの作りが救助隊寄りだったな、と思うのは私だけかな・・・。
それでも何曲かは神曲だったので、それらの曲を紹介しようかな。
ネタバレになる描写を書いているので、まだプレイしていない人は注意。






















炎の島の火山
イントロは本当にパッとしなかったけど、ラテン調の曲調に入った時はものすごい鳥肌が立った!!
火山系のBGMは、どっしり・しっとり・絶望感漂う曲が多かったけど(炎の山とか)、この曲はそれらを覆したからびっくりしたわ。
今作のダンジョンBGMの中では(マグナゲートから出ている曲を除いて)これが一番好き。


決戦ヶ岳
超ポケダンのPVに登場した曲。
ストーリーのドラマの熱さにマッチしていて“これから戦いに挑むぞ!!”という感じがいい。
基本的にマーチなんだけど、ときどきテンポが変わるのが燃えていい!!


伝説のボスバトル!ロックバージョン
まず、いきなりで超ビビったwwwwwww。そして強くて涙目www。(何が!?という方はプレイしてね)
でも、おなじみのボス戦の中ではこれが一番シンプルで一番かっこいい。
これを始めて聴いた時、胸熱になったわ。


ダークマタ―戦 セカンド
ポケダンのラスボスが前作のマグナゲートの氷触体そのまんまだったので、思わず突っ込んでしまったwwwwww。でもラスボスに入る前の演出がかなり熱くて、この曲に入った時は勝てる気がしてきた。マグナゲートをプレイした方には特にグッと来る演出だったな。
ディアルガ戦にしても氷触体との戦いにしてもポケダンのラスボス(氷触体との戦いはセカンドのほうが好き)は完成度が高いな。
で、聴いているうちにパートナーのテーマのアレンジじゃん!!ということに気付いた。
パートナーのテーマがさらに熱く、高ぶりを見せた感じだったな。


パートナーのテーマ
ポケダンは感動する曲や綺麗な曲が多いけど、癒し曲はあんまりないんだよね(せいぜい全作共通のほのぼのくらいか?)。この曲を始めて聞いた心が洗われる・・・と思った。後半の“どこか遠くに行くのではないか”と思わせる切ない曲調が気がかりだったけど、聴けば聴くほどいい曲だな・・・と思った。
・・・・・まさか、この曲に泣くなんて。
ラストを迎えた後、ますますこの曲が好きになって、超ポケダンの中ではこの曲が一番好きに。





せいれいの砂丘
エンティング後に行けるダンジョン。
会いにいくポケモンとその設定が救助隊のあのポケモンそのまんまだったのでなんとなく予想ができたし、やっぱりこの曲じゃなくちゃ!!と思ったので思わず感動してしまった。
もう、救助隊のあのポケモン=この曲と定着しちゃったんじゃないかな(笑)
しかもアレンジがすばらしい!!(なんとなく豪華になったような気が・・・)
救助隊の思い出がよみがえるな・・・・。


ミステリージャングル
こちらもエンティング後に行けるダンジョン。そして超ポケダンのPVに登場した曲その2。
なんとなく決戦ヶ岳に似とるけど(特に前半)、こっちはなんかうっそうとした森に迷って、光がさしかかったところに行ったら素晴らしい世界が待ってたという感じかな。後半の解放感がものすごくイイ。
珍しいポケモンに出会ったらものすごくラッキーだろうな。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック