マグナゲートと∞迷宮を改めてプレイしてみて

ポケモン超不思議のダンジョンがいよいよ来月発売!!
ポケダンをやって10年くらいになるけど3作ともシナリオやBGMに感動したな。
というか、もう10年か・・・・・。


最新作の前に過去作がやりたくなっけど、過去作はすべて売ってしまい3DSLLも売ってしまったので3DS本体の買い直しから始めた(小さくてもいいやということでnew3DSを買った)。
救助隊や探検隊はさんざんやりこんで面白いということが分かっているので、今回はストーリーを1回しかやらなかったマグナゲートからやることに。








前プレイした時は物足りないな…と感じただけなんだけど、今回改めてプレイしたらいいところがたくさんあったのでそれについて書こうかな。
でも、まずはマイナス点も見えてきたのでそれから書こうと思う。
・風来のシレンなどの不思議のダンジョンの原点となったゲームをプレイしてないから不思議のダンジョンの難しさはわからないけど、このゲームは不思議のダンジョンとしてはかなりつまらない。入るたんびに違うけど、パターンが決まっていて(特に脇道)何回もプレイするほど飽きてきてしまう。

・序盤からフロアが小さいしフロア数が多く、フロアとフロアの道が長い。(移動にかなりイライラしてしまうのは私だけかな)

・ポケモンの数(敵)が非常に少ないのもあんまりよくないな。種ポケモンとその進化系のみで構成されているし、1階に3~4匹くらいしか出ていないと思う。それと地形によって本来いるはずのないポケモンが出てくるのはどうかしてるのだけど・・・(たとえば火山っぽい地形に草ポケモンがいたりとか)。

・救助隊や探検隊に比べたらすごく易しい。おなかがすかないし、モンスターハウスに入っても“みんなでアタック”でほぼ対処できるし(みんなでアタックはチート)、全体的にレベルが低いし。なんじゃこりゃと思ってしまうほどのヌルゲー
と、ゲームシステムは非常に易しくてつまらないなと思った。


でもシナリオやBGMなど、ゲームシステム以外だったらすごくよかったと思うところがたくさんあったので今度はそれについて詳しく書こうかな。
・ストーリーの長さは全2作に比べたらちょっと短いかなと思うけど、内容は濃いと思う。まあ、全2作に比べたら内容が暗いから濃く感じてしまうと言ったほうが正しいかな。場合によってはずいぶん哲学的なことを言ってあんまり追求しないからちょっとややこしい・・・気がする。

・BGMは期待を裏切らず神曲が多かったけど、この作品はさらにシーンとBGMのマッチが半端なかった。サザンドラが主人公を助けにいくシーン(あかつきの山岳のほう)や奇襲をするシーンはかっこよかったし、エモンガがノコッチを大氷河に行かせて自分が残るという意思を見せたシーンは感動したな(シーンとBGMに圧倒されてセリフが思い出せないのがなんともいえんけど)。救助隊や探検隊もシーンとBGMのマッチがあったけどこの作品はその倍ほど感動した。

・それを後押ししているのは演出かな。臨場感あふれていて3Dをフルに生かした演出はまるで映画を見ているかのようなシーンばっかだったな。サザンドラやボーマンダが登場するシーンやボーマンダの咆哮、キュレムや依頼で出てくる伝説のポケモンが登場するシーンは迫力があってすごかった。3Dスイッチで3Dに切り替えてみてたらその凄さがさらに際立つのだけど、ピントがなかなか合わない。

・この作品は萌えポケモンが多くて困る。
1,オレ口調、勝気な口調でイメージを覆したエモンガ。でも友達思いで優しい彼がかっこいいし、きらきら目やフリズムを使った分身の術もどきのイタズラをしたお茶目さがかわいい。
2,強気な感じで初登場したけど、そのあと泣き崩れてしまったエーフィがかわいかったな。
3,ジド目が特徴のクルマユなんだけど、エーフィに出くわしたシーンで“あっ・・・・・・・・”と言って、まんまる目をした表情もまたいい(というか、このシーンで一気にクルマユがかわいいと思うようになってしまった)。
4,チラチーノをほのかに想っているラムパルドの悶絶さと無念さに萌える。このそぶり、ストーリーに直結しないためかあんまり注目されないのが残念だな。仲間モードにしたとき、彼女(チラチーノ)の目の前で宝箱を壊すシーンにニヤニヤしたな(笑)
5,サザンドラは相変わらずかわいいな(笑)。3Dでは凶悪でかっこいい本来のサザンドラなのに、顔グラは優しい表情だし話し方が丁寧だからそのギャップが半端ない。困った顔や泣き顔にキュンと来て、笑顔や怒った顔がかわいかったな。ポケパルレのサザンドラも表情豊かでかわいかったから、もしかしたらこの時点で前からあった凶悪なイメージを覆そうと思うようになったのかな。
6,後はアニメ限定だけど、ミジュマルにおでこをぶつけられたピカチュウの泣き顔がすごくかわいかった。










マグナゲートはゲームを楽しむよりもシナリオや演出を楽しむ感じでプレイしたほうがいいな。
クソゲー呼ばわりされているのは不思議のダンジョンとしてでしか見てなく、いいところがたくさんあるのにそれを無視しているからだと思う。あと救助隊や探検隊と比べてしまうのも良くないな。救助隊は救助隊で、探検隊は探検隊でそれぞれいいところがあるからその2作と比べたらこのゲームの価値はないと思う。
ポケモン超不思議のダンジョンはマグナゲートのこともあって買うつもりはあんまりなかったけど、マグナゲートを改めてプレイしてみて、プレイしようかなと思うようになった。でも、あんまり期待しないほうがいいかな(笑)


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック