カロス地方に住んでいるポケモンについて

数日前にポケモンXを買って、クリアに向けてプレイしている。
バトルシーンがものすごく熱くて、技のエフェクトがかっこいい!!
物理技を受けた効果音がすごくリアルなので時々びっくりする。
それと同じ技でもポケモンによって繰り出すアクションやポケモンの表情が違うので、よく観察すると面白い発見があるかも。

さて、今作はシリーズの中では一番多くポケモンが出現している(と私は思うけど皆さんはどうかな?)けど、それを第1世代(カントー)から第5世代(イッシュ)までのポケモンがどれだけ出ているのかを検証してみた。

参考サイト
http://yakkun.com/xy/pokemon_list.htm
(一匹ずつ数を数えため、多少の誤差はあると思うけどそれはご了承を)

★カロス図鑑は地域によって3つに分かれているけどそれを全部まとめてみての検証です。
 ついでにどのぐらいの割合なのかを計算してみた。()内がその割合。
 全匹―454匹
  第1世代(カントー)  113匹(約25%)
  第2世代(ジョウト)   61匹(約10~13%)
  第3世代(ホウエン)  77匹(約16~17%)
  第4世代(シンオウ)  52匹(約10~13%)
  第5世代(イッシュ)   80匹(約16~17%)
  第6世代(カロス)    71匹(約15%)


全体的に第1世代が多かったな。割合を出したら全体の4分の1くらいあった。それ以外の世代が2割弱くらい。初代の思い出と素晴らしさと優遇さが表れた結果だったな。
これだけ第1世代のポケモンが多いと初代からプレイした人にとっては懐かしさを感じるだろうな。また、最近の世代からポケモンを知った人も“昔からいるポケモン”を知ってもらうきっかけになれる。

世代と世代をつなぐ印象を受けたな。

数えながら思ったこと。最初は第3世代が第1世代の次に多いなという印象を受けたけど、最後になるにつれて第5世代が多いなという印象を受けた。その結果、第1世代の次に多いのが第5世代。
肝心の第6世代はおそらくシリーズ中、一番少ないポケモン数だと思う。数えてみてもあちらこちらにしかおらんかったし・・・。この世代がどれだけバトルで活躍ができるのかが楽しみだな。

数えてみて思ったけど、これまでの対戦で見かけるポケモンばっかりおるので(ニコニコ動画の実況プレイを見ての検証)このシリーズだけでも十分にまかなえる。
(あっ!でもボックスの数が初代並に少ないから・・・)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック