県をまたいだ面白さ(方言編)

久しぶりにブログを書いたわ~。
疲れが今までより溜まりやすくなって、帰ったら電気をつけたまま寝てしまうという日々。
そんな日々が続いたから、ブログなんか書く暇もないわ(笑)
今日と明日は久しぶりの2連休。
呉市で祭りがあるみたいなのでそれに行ってきま~す!!



私は今は広島県に住んでいるけど生まれは山口県なんだ。
でも岩国出身なので県庁所在地である山口市より広島のほうが馴染みがあったので、広島県とほぼ同じなんだけどね・・・。それでも県をまたいだら微妙に風習が違うなということを感じた。
たとえば、方言。
短大時代の時(広島にある短大に行ったため)初めて聞く方言に出くわした。

“たいぎ~”

広島県の人には良く使う方言みたいだけど、私には初めてこの言葉を聞いた時、どんな意味なのか全然分からなかった。
今は、“面倒臭い”という意味だということが分かっているけどね。(使うタイミングを見てなんとなくこういう意味ではないのかなと思っただけだけどね)
山口県では(少なくとも岩国では)面倒くさいなと思った時には“せんない”という。
でも広島県の人には通じないのよね・・・。なので面倒くさいと思った時にはそのままいうか、広島の方言で言うかのどちらかとなる。(でも“せんない”が一番言いやすい)
何気に日常で方言は使われている。
敬語だと思っても実は方言だったりすることも多いしね。
特に語尾。実は方言だったということにも気づかないで言う人なんか結構いるのではないかな?
(広島では“~じゃん。”と言うし)


案外方言のことについて調べたら面白いかも。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック