スターフォックスコマンドプレイ感想(2)

前回はプレイした時の感想を書いたので、今度はそれぞれのEDとその前の流れを書こうと思う。
長くなるので、2回に分けて書くことに。



END1 フォックスとクリスタル
このEDはカタリナとアステロイドの選択によってはEDがガラッと変わってしまうという感じだった。
ベノムに向かう前のスリッピーとクリスタルの会話に泣けた。
思いが詰まっていて・・・。
タイタニアではかなりぎくしゃくしていて、ベノムに向かおうとしていた時でもそれが続いたフォックスとクリスタルであったが、ラスボスを倒した後はやっと仲直りに。スリッピーとの会話が結構きいたと思う。
アマンダが加わり、復帰を果たしたクリスタル。ここまでの流れだったらハッピーだけど、最後のコマでアッシュが。彼と、スターフォックスが戦うことになるのかな!?というEDだった。
ちなみにこのルートはアンドルフとペパーの関係が分かる唯一のルート。クリスタルの会話がすごく重要。
64時代の戦争はこの2人のいがみ合いが原因であることには呆れたな・・・。

END2 さよならフォックス
このED、タイタニアから64時代のスターフォックスのメンバーになったので、おお~!!となった。というより泣けた・・・。
ベノムに向おうとしたときに、フォックスがスターフォックスを解散すると言ったことにさみしさを感じた・・・。フォックスがクリスタルのことを思って自ら手を引いたことに。フォックスとクリスタルが幸せになったことはすごく嬉しいけど、世代が変わることにさみしさを感じたEDであった。
ファルコの「俺は死ぬまで空を飛び続けるぜ」というセリフはかっこよかった。ファルコらしくていいセリフ。おそらくファルコはマーカス世代になってもパイロットとして生きることになるだろうな。

END3 アングラー皇帝
このEDは最初に迎えることになるEDで、このEDを終わらせないと他のEDを見ることができない。つまり強制(笑)
だいぶ前にEDを迎えたので、その前の出来事があんまり覚えていない。
このEDはひどかったな。セクターZでフォックスはクリスタルと仲直りをするものの、最終的にはスターウルフと一緒になることに。ラスボスを倒した後のパンサーとクリスタルの会話を聞いた時から嫌な予感がしたと思ったらまさかのまさかだったな・・・。

END4 復活!スターウルフ!
このEDはルートが結構絡んだな・・・。おそらく“フォックスとクリスタル”と同じくらい。
パンサーがクリスタルに“フォックスとの未練はないのか?”と問いかけた時、“パンサーと共に生きるわ”と答えたけど、その間がEDの伏線だと思う・・・。過去を捨てて誰も知らないところに行ったクリスタルがすごく切なかった・・・。
このEDはルートも絡むし、EDも結構絡むんだよね・・・。

END5 ルーシーとクリスタル
このEDはルーシーがコーネリアに向かった所から結構簡単にプレイをすることができた。ナウスがルーシーに対して「あなたの為なら、いえ何でもありません。」といったシーンがウケたww。(この流れは“さよならフォックス”にいくルートでも見れるけどね)
EDの迎える前の戦いが女性オールスターというのが新鮮で良かった。そして、クリスタルのファイターがクラウドランナーというところに感動した。というより、その前の会話を聞いた時コーネリアファイターで登場するのかと思った。
このEDが一番好き。最後までハッピーで。ペッピーとルーシー、そしてフォックスとクリスタル・・・。お互いを想う人との対話にじーんとした・・・。ここで、ビビアンが登場するのだけど美人なことにびっくりした!!このグラを見る前はビビアンの外見はルーシーに似ているのではないのかな・・・と思った。ルーシーは顔の輪郭はビビアンにそっくりだけど、目や口元と性格はペッピーに似ているのではないのかな・・・と思った。まあ、ビビアンの性格はこのグラだけでは分からないので妄想の範囲でいってます(笑)




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック